沿革

2002年3月 Omni-Plus System Pte. Ltd. を設立
2002年8月 上海(中国)に駐在員事務所を開設
2003年10月 バンコク(タイ)に営業所 Omni-Plus System Plastics Co., Ltd. を設立
2004年10月 ジョホール・バル(マレーシア)に営業所 OPS Technologies Sdn. Bhd. を設立
2005年10月 上海(中国)にOmni-Plus System Shanghai Ltd. を設立し、上海(中国)の駐在員事務所を営業所と共に営業業務を拡大
2005年10月 深圳(中国)に支店を開設
2007年5月 米国 IVC USA 社と合弁会社 IVC Paints & Coatings Sdn. Bhd.(マレーシア) を設立
2009年11月 ジョホール・バル(マレーシア)の Nihon Pigment Sdn.Bhd. の100%所有権を取得し、コンパウンド工場を開設
2014年11月 ジャカルタ(インドネシア)に営業所 PT Omni Plus System を設立
2016年11月 マレーシアのCepco Trading Sdn. Bhd. を取得しメディカル分野へ進出
2017年4月 マニラ(フィリピン)に営業所 Omni Plus System Philippines Inc. を設立
2017年6月 伊藤忠商事株式会社のグループ企業である伊藤忠プラスチック株式会社及びITOCHU Plastics Pte. Ltd.(シンガポール) との業務提携を発表
伊藤忠プラスチック株式会社は当社株式の3%、ITOCHU Plastics Pte. Ltd.(シンガポール)が当社株式の7%を取得
2017年7月 DP Chemicals Pte. Ltd. 及びその子会社である DP Chemicals Vietnam Co., Ltd. の100%所有権を取得
2017年8月 A*STAR(シンガポール科学技術研究庁)との共同研究を開始
2017年9月 シンガポール証券取引所の上場会社である Engro Corporation Ltd. の子会社であるR&P (PTE.) LTD. と合弁会社 R&P TECHNOLOGIES PTE. LTD. を設立
2018年2月 新素材、フォトニクス及び関連技術の分野におけるシードレベルの投資会社である SMALL WORLD ACCELERATOR PTE. LTD.へ出資(出資比率48%, 持分法適用会社)
2018年3月 シンガポールの本社隣地にエンジニアリング・センターを開設
2018年4月 伊藤忠商事株式会社マニラ支店より事業譲渡を受けフィリピンの I-FTZ Trade Philippines Inc. を取得
2019年1月 品質マネジメントシステムの国際規格である ISO 9001:2015 を取得
2019年3月 伊藤忠商事株式会社のグループ企業であるITOCHU Plastics Pte. Ltd. がすべての新株を引受(これによりITOCHU Plastics Pte. Ltd.はその他の関係会社に該当)
2019年4月 東京(日本)に現地法人 株式会社OMNI-PLUS SYSTEM Japan を設立
2019年4月 添加剤や特殊化学品の大手サプライヤーであるインドネシア企業PT Sentosa Kimia の100%所有権を取得
2019年4月 添加剤や特殊化学品のサプライヤーであるシンガポール企業Alpha Chemie Pte. Ltd.の100%の所有権を取得
2019年4月 添加剤や特殊化学品のサプライヤーであるマレーシア企業Tags Polymer Sdn.Bhd.の100%の所有権を取得
2020年6月 バンコク(タイ)にOmni Plus System (Thailand) Co., Ltd. を設立し、タイの営業所と共に業務を拡大
2021年5月 公開会社となるに伴い、商号をオムニ・プラス・システム・リミテッド(OMNI-PLUS SYSTEM LIMITED)に変更
2021年6月 東京証券取引所マザーズ(外国株)へ新規上場